継続型MNPと切断型MNP

携帯電話を乗り換える手順としては、まず、現在利用中の携帯電話会社のMNP窓口で、MNP予約番号を発行してもらい、その後、乗り換え先の携帯電話会社取扱店に、15日以内にMNP予約番号を持って加入手続き(契約)を行う・・・となります。注意したい点としては、15日が過ぎてしまうと、発行してもらったMNP予約番号は無効となってしまうので、再度MNPの手続きをしなければならなくなってしまいます(15日過ぎた場合、またはMNP予約番号を発行しただけで実際には携帯電話会社を乗り換えなかった場合は、MNP転出手数料の2,100円は発生しません)。また、MNPの予約番号を発行しただけでは、現在契約している携帯電話会社を解約したことにはなりません。新たな携帯電話会社と契約をすることで、現在契約中の携帯電話会社との解約が成立するのです。

なお、MNPを行う際、MNP予約番号の発行には2種類の方法が存在します。継続型と切断型の2種類です。一般的に行われているMNP予約番号の発行方法は、継続型となります。MNP予約番号が発行されてから15日以内に新たな携帯電話会社と契約手続きを行わなければ、発行されたMNP予約番号は無効になてしまうわけですが、だからといって、回線契約が解約されることはなく、継続された状態なんですよね。だからこそ、15日以内に手続きを行わなくても、現在契約中の回線は残っているわけですから、現在契約している携帯電話会社の回線で、携帯電話番号を利用し続けることができるわけです。MNPによる携帯の乗り換えが完了するまで、回線の契約が継続している・・・ということですね。一方の切断型の場合は、解約すると同時にMNP予約番号が発行される方法を言います。継続型は15日間の予約番号期限が設けられているものの、回線契約は残された状態ですから、現在の携帯電話会社を解約していない限り利用することができますし、再びMNP予約番号を発行してもらうこともできるんですね。しかし切断型の場合は、MNP予約番号の発行と同時に現在契約している携帯電話会社を解約させることになるので、15日間という期間内に新たな携帯電話会社で契約を行わないと、その携帯電話番号を利用することができなくなってしまうのです。つまり、MNP予約番号が発行されてから15日以内に新たに携帯電話会社と契約しなければ、ただの純解約を行ったことになる・・・というわけです。

一見、後者の切断型にはメリットがないように思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、MNP予約番号が発行されてから15日以内に乗り換えなければ解約扱いとなってしまい、それまで使用していた携帯電話番号が使えなくなってしまうので、リスクだけが存在しているかのように感じますよね。実際、そのリスクは厄介なものではあるのですが、MNP予約番号を発行した状態で回線枠を空けられる・・・というメリットも存在しているのです。このメリットは、多回線を所持している方に特に有難いものだと思いますが、例えば、現在契約している回線が、A携帯電話会社の回線枠が5回線、B携帯電話会社の回線枠が3回線・・・となっており、「両方の回線を交互にMNPして入れ替えようかな」と考えたとします。どの携帯電話会社も、通常は5回線までしか契約することができないので、A携帯電話会社ではこれ以上回線を増やすことはできません。そのため、新たにA携帯電話会社の回線を契約したい場合は、既存の回線を解約し、契約可能枠を空ける必要が出てきます。B携帯電話会社の回線にはまだ空きがあるので、すぐにでもA携帯電話会社の回線をB携帯電話会社へMNPできるのであれば問題はないのですが、しかしMNPに良い条件がA携帯電話会社にしかなく、B携帯電話会社での良い条件が別の日にならないと期待できない場合、A携帯電話会社の枠はいっぱいいっぱいですから、動かすことができません。こんな時、切断型のMNPであれば、A携帯電話会社からMNP予約番号を発行すると同時に解約することで、A携帯電話会社の枠が空くことになり、B携帯電話会社からのMNPが可能となります。そして、15日以内にB携帯電話会社へ、A携帯電話会社の切断型で発行されたMNP予約番号を使ってB携帯電話会社へ乗り換えれば、A携帯電話会社の枠が埋まった状態であっても、両社の回線を入れ替えることが可能となるのです。・・・と、ちょっとややこしい話ですが、要するにMNPの切断型は、多回線を所持していない方にはメリットがあり、そうでない方にはそれほどメリットのない方法ということになります。

何度も言いますが、切断型の場合は期限が15日間しかないということを忘れてはいけません。先ほどの例で言うと、A携帯電話会社からMNP予約番号を発行してB携帯電話会社へMNPした後、A携帯電話会社がMNP予約番号を発行した日から15日以内にB携帯会社からMNP予約番号を発行してもらい、A携帯電話会社にMNPを行わないと、A携帯電話会社の回線が切断・・・つまりその回線の契約を解約することになってしまいます。その回線をただ単に解約しただけとなってしまいますので、期限には十分に注意する必要があります。切断型を利用する場合は、双方にとって良い条件が重なる日をに目星をつけておかなければ、行きあたりばったりでは後々、後悔することになりますよ。

なお、この切断型のMNPの申込みは、ポストペイドという契約・・・一般的な携帯電話会社の契約のみが対象となっています。いわゆるプリペイドタイプの回線のMNPには使用することができません(ただし、プリペイドタイプの契約は、継続型のMNPの申込みは可能となっています)また、切断型MNPは、電話から申込むことはできません。継続型は電話からでも申込みが可能なのですが、切断型は解約とMNP予約番号の発行をセットで行わなければならないので、ショップ窓口へ足を運ぶ必要があるんですね。普通に「切断型のMNP予約番号をください」と言えば通じるはずです。

コメントを残す