MNPとは

MNPは番号ポータビリティと呼ばれることもあるのですが、番号ポータビリティというのは、携帯電話だけでなく、固定電話なども含めた電話を利用する際、現在契約している携帯電話会社などの電気通信事業者を変更したとしても、電話番号を変えずに継続して利用することができる仕組みを言います。この仕組みから、番号持ち運び制度とも言われているようですね。そして、その番号ポータビリティのうち、携帯電話に関してをMNPと呼ぶのだそうです。最初にも触れた通り、ユーザーの電話番号による囲い込みの防止・予防と、各携帯電話会社が提供するサービスの向上・料金の低減化を目指して行われたものです。

このMNPに関していうと、日本では2006年10月24日から実施が始まりました。日本の携帯電話会社というと、NTTドコモ・au・ソフトバンクの三社が主となっていますが、例えばNTTドコモからソフトバンクに契約し直した場合でも、ソフトバンクからauに契約し直した場合でも、携帯電話番号を変更せずにそのまま継続して使用した状態で別の携帯電話会社と契約し直すことが可能となりますので、周囲に電話番号が変わったことを伝える必要がなく、非常に便利です。ただし、携帯電話番号はそのまま使うことができても、契約している携帯電話会社を変更することにより、Eメールアドレス・有料コンテンツは移行されませんので、その点は注意が必要です。Eメールアドレスは変わってしまうわけですから、友人・知人へその旨を伝えなければならないことは同じなので、携帯電話番号を変えずに済むことだけに関していえば、それほど大きなメリットとは感じられないかもしれませんが・・・。

当時は、ソフトバンクへの転入以外では、他携帯電話会社へ契約を切替えることで長期継続割引の年数が切れてしまうことになっていました。この長期継続割引というのは、携帯電話会社によって名称がそれぞれ異なるものの、携帯電話を継続して使用することで、基本料金の割引を受けられるサービスのことを言います。基本的に、加入してから2年後から割引を受けることができ、以降は加入年数に応じて割引率が増加していくのです。長く継続して使用しればするほど、割引額が大きくなる・・・ということですね。この長期継続割引は、それぞれの携帯電話会社で提供しているサービスですから、このサービスは携帯電話会社を跨ぐことはできず、携帯を乗り換えた時点で、それまで契約していた携帯電話会社の長期継続はそこで途切れ、新たに契約した携帯電話会社の長期継続は、また1年目からのスタートとなるわけです。これに先駆けて、2005年10月1日、KDDI本体に吸収合併されたツーカーは、10月11日から同じKDDIのauへ同じ電話番号の移行を可能としたことで、2006年11月の時点では、MNPの切替え緒戦はKDDIの一人勝ちとなったのです。ただ、この頃というのは、ソフトバンクの切替え手続きの停止の影響があったため、ソフトバンクのMNPを利用した移転件数があまり伸びなかったんですね。

ちなみにこれは、MNP制度が開始してすぐの週末である10月28日、ソフトバンクにて、新規加入・契約内容の変更・解約・・・といった受付が全面的に停止し、翌日の10月29日には切替え手続きも停止してしまった件を指しています。なおに、KDDIでは、2006年12月17日に、MNP転出入受付にてシステムトラブルが発生したことで、同日16時からMNPを利用した転出入の受付が停止した他、2007年11月9日も情報システム障害によってMNPを利用した転出が不可能となり、2009年5月18日と2010年1月26日にもシステムトラブルによってMNPの転出入手続きが不可能となりました。そしてNTTドコモでも、2007年3月31日に各種受付処理件数の増大に伴ったシステム処理能力不足が原因で転出入受付が一時停止となった他、2011年2月19日にも、顧客情報を管理しているコンピューターシステムに不具合が生じたことで、各種手続き・移行手続きが停止しています。

2006年ではソフトバンクへの移行件数は多くはなかったものの、2007年~2009年頃は、ソフトバンクの一人勝ちとなっています。それ以降は、毎年・毎月ごとに状況は変化しており、正に携帯電話会社三社によるシェア争いが激化しています。なお、ドコモ・ヴァーチュ・日本通信間や、ソフトバンクモバイル・ディズニー・ベネッセもバイルFREO間、KDDI/沖縄セルラー電話・ECナビケータイ・JALマイルフォン・Tigersケータイ・GIANTSケータイ間・・・等、MNO(移動体通信事業者:携帯電話・PHSなどの物理的な移動体回線網を自社で保有しており、直接自社プランにて通信サービスを提供する事業者のこと)やMVNO(仮想移動体通信事業者:携帯電話・PHSなどの物理的な移動回線網を自社は持っておらず、他事業者が保有している回線網を借りて、自社ブランドで通信サービスを行う事業者のこと)の関係事業者間の移行を行う場合でも、MNPの手続きが必要でした。・・・いずれにしても、例えば、ソフトバンクの携帯を解約し、それまで使用していた携帯電話番号を、既存のドコモ回線に移動するなど、既存回線への番号移管は不可能だったのです。

2012年6月21日から、PHS事業者のウィルコムが、WX04Kの発売に伴って3G回線での音声通話サービスの提供をスタートしたことで、3G回線で利用できる電場番号(090・080)のMNP利用による転入・転出が可能となったのです。

このMNPのメリットですが、やはり携帯電話番号を変えずに他携帯電話会社へ乗り換えることができる点が挙げられますよね。またMNPを利用して携帯を乗り換えることで、携帯電話会社は新たな顧客を獲得するチャンスでもありますから、携帯電話本体の代金を一括時価で購入することができたり、または携帯電話本体をかなり安い価格で購入、もしくは無料になったり、商品券・ポイントを手に入れることができたり、キャッシュバックを受けたり、毎月の支払い額に割引が適用されたり・・・等の特典を受けられることもメリットです。

いずれにしても、これまでは携帯電話番号を変えることができない・・・という点で、なかなか他携帯電話会社へ乗り換えることができなかったのが、MNPが導入されたことで、月々の料金プランが安い・欲しい機種がある・電波が繋がりやすい・・・などの理由で気軽に携帯電話会社に乗り換えることができるようになったことが、最大のメリットですよね。

そして逆にMNPのデメリットとしては、携帯電話会社を変えることで必ずドメイン名が変わってしまうため、メールアドレスはMNPの対象外となっています。ドメイン名というのは、メールアドレスの「@」以降に続くものであり、IPネットワークにおける個々のコンピュータを識別するための名称で、通常は、IPアドレスとセットになってコンピューターネットワーク上で登録されています。ただ、KDDI/沖縄セルラー電話とECナビケータイ間、KDDI/沖縄セルラー電話とJALマイルフォン、KDDI/沖縄セルラー電話とTigersケータイ、KDDI/沖縄セルラー電話とGIANTSケータイ。ソフトバンクモバイルとベネッセモバイルFRE間・・・では、両社がMNO・MVNOの関係により、同じドメインを扱うことができるため、例外的にメールアドレスの利用が継続可能となっています。(このうち、KDDI/沖縄セルラー電話では、ECナビケータイ・JALマイルフォン・Tigersケータイ・GIANTSケータイを特定MVNO事業者が行っている携帯電話ブランドという位置づけになっているようです)。

また、料金体系・サービス体系・コンテンツ体系が、それぞれ携帯電話会社によって違うため、MNPを利用して乗り換えることで、ほとんどの有料コンテンツの継続利用が不可能となっていることがほとんどとなります。また、長期継続割引の年数が1年目に戻ってしまいますし、電話番号だけで電話会社を認識するサービスの一部を利用することもできません。

更に、どの携帯電話会社でも、MNP手続に必要な手数料として9,975円がかかってきます。更に、MNP転出手数料の2,100円と、転出先の携帯電話会社での新規事務手数料の3,150円も支払わなければならないので、MNPによって携帯を乗り換えることで、15,000円の出費は必須となります(ただし、キャンペーン内容によっては、これらの手数料が安くなったり、手数料無料としている場合もあるので、上手にそれらを利用すると出費は軽減されます)。

とりあえず、MNPに15,000円はかかる・・・ということを考えると、携帯を乗り換えることで、15,000円以上お得になる条件で、新たに契約する携帯電話会社を選んだ方が良いということですよね。欲しい機種があったり、毎月の支払い額を安くしたい(料金プランが安い)・・・といった明確な目的でもって、特定の携帯電話会社へ乗り換えたいと考えている方は、例え15,000円以上のお得な条件が揃っていなくても構わないでしょうが、そこまで明確な目的を持っていないのであれば、決して損はしない前提での乗り換えを考えることが重要だと思いますよ。

コメントを残す