ソフトバンク光はソフトバンクユーザーにおすすめ光回線

ソフトバンク光とは、通信大手で知られるソフトバンクが提供する光回線ブロードバンドサービスのことです。

最近は、光回線事業に乗り出す企業が多く、電気も自由化されて光回線とセット割引があるなど、サービスの仕組みが大変分かりにくくなっています。

ソフトバンクと契約していても、光回線はNTTのものである、というように、一般ユーザーには理解しにくい仕組みです。一般ユーザーとしては、回線が見えるわけではありませんので、ちゃんと通信が安定していればどうでも良い、という気持ちにもなるでしょう。

携帯の乗り換えとは

テレビコマーシャルやチラシ、広告ポスターなどでよく見聞きする携帯の乗り換えというのは、現在所有している携帯電話番号を変えずに、他の携帯電話会社に契約し直すことを言います。言い換えれば、現在の携帯電話会社との契約をやめて、別の携帯電話会社と契約しても、所有している電話番号を変更することなくそのまま使用できる・・・ということですね。つまり、契約する携帯電話会社を変えることで、携帯電話番号も変えた場合は、携帯の乗り換えとは言わない・・・ということですね。あくまで、「携帯電話番号が変わらない。そのまま使用できる」という点が重要なのです。

携帯を乗り換える手順

携帯を乗り換える手順は、現在利用中の携帯電話会社のMNP窓口で、MNP予約番号を発行→乗り換え先の携帯電話会社取扱店に、15日以内にMNP予約番号を持って加入手続き(契約)を行う・・・となっています。

しかし、実際にMNP予約番号を発行する前には、事前準備として行わなければならないことが多くあるので、それを忘れてはいけません。データ移行の準備・メールアドレス変更の連絡・更新月の確認・携帯ポイントの確認・・・などです。

継続型MNPと切断型MNP

携帯電話を乗り換える手順としては、まず、現在利用中の携帯電話会社のMNP窓口で、MNP予約番号を発行してもらい、その後、乗り換え先の携帯電話会社取扱店に、15日以内にMNP予約番号を持って加入手続き(契約)を行う・・・となります。注意したい点としては、15日が過ぎてしまうと、発行してもらったMNP予約番号は無効となってしまうので、再度MNPの手続きをしなければならなくなってしまいます(15日過ぎた場合、またはMNP予約番号を発行しただけで実際には携帯電話会社を乗り換えなかった場合は、MNP転出手数料の2,100円は発生しません)。また、MNPの予約番号を発行しただけでは、現在契約している携帯電話会社を解約したことにはなりません。新たな携帯電話会社と契約をすることで、現在契約中の携帯電話会社との解約が成立するのです。

MNPとは

MNPは番号ポータビリティと呼ばれることもあるのですが、番号ポータビリティというのは、携帯電話だけでなく、固定電話なども含めた電話を利用する際、現在契約している携帯電話会社などの電気通信事業者を変更したとしても、電話番号を変えずに継続して利用することができる仕組みを言います。この仕組みから、番号持ち運び制度とも言われているようですね。そして、その番号ポータビリティのうち、携帯電話に関してをMNPと呼ぶのだそうです。最初にも触れた通り、ユーザーの電話番号による囲い込みの防止・予防と、各携帯電話会社が提供するサービスの向上・料金の低減化を目指して行われたものです。