家庭教師のトライで本当に学力は上がるの?

家庭教師のトライは、株式会社トライグループが運営している家庭教師派遣会社です。東京と大阪にそれぞれ本社を置いた日本社制にて運営しており、その後全国各地に展開していっています。

この家庭教師のトライは、1987年1月に、現在の株式会社トライグループの会長である平田修氏が、富山大学トライという名称で創業しました。1990年には、株式会社トライグループを設立して法人化し、2000年に個別教室のトライを、2001年に人材派遣のトライを。そして2010年にトライ式高等学院をそれぞれ開始しました。元々家庭教師トライは企業として登場したのではなく、創業当初は、富山大学生の教育サークルであったんですねそのため、富山大学の名前が付けられた状態でサークル登録されたのです。そして、NHKなど各マスコミに、大学生が運営する教育研究サークルとして取材されたのを皮切りに、徐々にテレビコマーシャルや新聞の折込チラシでも多く宣伝されるようになり、当時はまだ聖域という存在であった家庭教育関係の積極的で派手な宣伝を一般的なものとしたのです。これは正に、初代社長である平田氏の宣伝戦略が功を奏したといっても過言ではありません。ただ、1990年に新潟で新潟大学トライを名乗った際に、新潟大学から猛烈な抗議を受けたため、新大トライへと名称を変更。更に、富山大学のようにサークル登録も認められなかったため、各地でも○○大学トライという名称ではなく、○大トライという名称に余儀なくされてしまったのです。つまりこれは、○○大学トライという名称であっても、その特定した大学への進学を目的とする家庭教師ではなくて、その大学に在学している学生が、アルバイトで小学生・中学生・高校生を対象に家庭教師を派遣する…という目的で付けられていたんですね。そして現在も、家庭教師を派遣する会社として存続しているのはもちろんのこと、それ以外にも、個別教室や人材派遣業なども行っています。

家庭教師のトライでは、お子さまの明るい未来のために、トライができるすべてのことを。…が教育理念となっています。家庭教師ですから、当然マンツーマンでの学習指導となるわけですが、1対1の教育を通じ、子供たちが前向きに学習していく環境を整えることを第一としているのです。生徒一人一人の個性を大切にし、そしてそれぞれ生徒に適した方法を用いて、生徒自身が考える力や、豊かな心を育むことが何よりも大切なことであると、家庭教師のトライは考えているのです。

家庭教師のトライでは、登録する(採用する)家庭教師に対して、学歴だけでなく、人間性・責任感・考える力…などを基準として採用するか否かを決めています。現役学生のアルバイト家庭教師も採用していますが、それとは別にプロの家庭教師の採用にも力を入れており、ただ設けている採用基準をクリアすればOKというわけではなく、合格実績や保護者からの評判・面接を基にして厳選されているのです。ちなみにこの採用方針は、NPO法人次世代育成ネットワーク機構のQESTの認定を受けています。

なお、このNPO法人次世代育成ネットワーク機構のQUESTというのは、次世代のために、安全と信頼を満たした社会作りを目指している団体で、組織として働く人の可能性を最大限に発揮できることを目的に活動を行っています。現在、労働環境が変化したり、雇用形態が多様化していますが、そのなかで仕事に関した不安・ストレスを抱えている人というのは実に多いんですよね。働く人が、そういった精神的な面での健康を崩してしまうということは、モチベーションの低下・集中力の欠如に繋がり、結果、業務上のミスを増やしてしまったり、生産性が低下してしまうことに繋がってしまいますから、企業にとってはなんとしてでも避けたいことです。企業による社会的責任の遂行・生産性の向上のため、職場環境整備の充実に対する感心というのは、今非常に高くなっています。そこでQUESTでは、組織と、そこで働く人に活力をもたらすことができるように、問題の早期発見・早期解決を目指して、身体と精神の両方の健康作りをサポートしています。そして、このQUESTが実施している心理適性検査を導入し、安心して他人と関わることができる従業員を揃えている組織・団体・教育機関として認定した場合、その旨を示すQマークが付与されます。つまり、組織・団体・教育機関などで働く人間の心の健康・モチベーションに対して適切な管理を、しっかりと組織側が管理しているのかどうか…を、消費者に示す証となっているわけなんですね。

家庭教師のトライの4回体験コース

家庭教師のトライでは、短期でトライの効果を実感したい方のために、4回体験コースが用意されています。無料体験授業ではありませんので、体験コースを利用するための費用はかかりますが、それでも入会金などは不要ですし、一度体験してみてから、正式に契約するかどうかを決めるというのは、堅実な方法だと思いますよ。それに、例え体験コースとはいえ、お金を支払っているわけですから、正式に契約した後と同じような学習指導を行ってくれる…という安心感もありますしね。家庭教師派遣会社によっては、無料体験授業を実施していても、無料だからと手を抜いた学習指導を行うところもあるようですから…。

この4回体験コースは、受験・非受験に対応しており、定期テスト直前対策・中高一貫校別フォロー・進学塾別サポート・赤点科目対策・苦手一科目克服・英検/TOEIC対策…のコースのなかから選ぶことができます。1回の授業は60分ですから、どのような学習指導を行ってくれるのかをある程度知るためには充分だと思います。しかもそれが4回分なわけですからね。また、プロの家庭教師を利用することも可能となっています。

4回体験コースを利用してみて、親はもちろんのこと、実際に学習指導を受けた子供も納得すれば、正式に家庭教師のトライと契約すれば良いですし、もし、やはり利用をするのを止めようと思ったのであれば、契約しなければ良いだけの話です。先ほど挙げたように、学習塾のトライは、電話での勧誘は一切ありませんから、正式契約しなかった場合の煩わしさもありません。…勧誘ほど面倒でウンザリするものはありませんものね。興味ある方は、是非、この4回体験コースを利用してみてはいかがでしょうか。

また、公式サイトでは、無料で資料を請求することもできますので、資料を確認してから4回体験コースを利用するかどうかを決めてみるのも良いですよね。もちろん、資料請求をした場合でも、強引な勧誘があるわけではありませんので心配は不要です(確認などのための電話くらいはあるかもしれませんけどね)資料請求は、名前・住所・電話番号を入力した後、利用したいトライのサービス(家庭教師だけでなく、個別教室などの様々なサービスもトライでは行っています)を選択して送信すればOKなので簡単ですよ。

教育プランナーの存在

家庭教師のトライでは、家庭教師とは別に、各家庭ごとに付く教育プランナーという存在が用意されています。この教育プランナーというのは、簡単にいえばカウンセラーのような存在ですね。現在は当たり前のようにフィナンシャルプランナーという言葉が使われていますし、また世間一般にも浸透していってしますが、少し前まではフィナンシャルプランナーという言葉を知らない人がほとんどだった…という状況でした。フィナンシャルプランナーというのは、自分や家族の夢・目標を実現するための計画設計をサポートしてくれる専門家で、夢や目標に対して総合的な資金計画を立て、経済的な面を中心に実現に向けて準備をするというか、実現へ導いてくれる存在なんですね。それを踏まえると、つまり教育プランナーというのは、生徒である子供の進学目標等を実現するために、または生徒一人一人に対して最適な教育指導を提案してくれる存在なのです。昔とは違い、今は中学受験もそう珍しいことではなく、実際に中学受験率は増加しています。あちこちに塾が乱立している他、様々な情報も溢れかえっていますよね。そんな状況の中、お子さんはもちろんのこと、その親だって、何が良くて何が悪いのが、何が正しく手何が間違っているのか…をしっかりと把握できなくなり、選択を迷ってしまっている家庭が多くなっています。そんな状況を解決すべく、教育プランナーが、ただ子供に勉強を教えるだけではなくて、多くの知識と情報を兼ね備えたプロによる視点から、それぞれ子供や家庭に最適な教育を提供してくれるのです。つまり、子供に直接学習指導を行うのは家庭教師ですが、それとは別に各家庭へ訪問してお子さんや両親と話し合い、問題を見つけて、更に解決するためのプランを提案してくれるわけですね。

例えば、最近は、入塾する子供の年齢が年々低くなってきていますが、これについても、子供の成長に合わせた適切な判断を要します。勉強や知識というのは、子供自身は興味がないのに無理矢理に詰め込んでしまうと、頭の中でも心の中でも消化不良を起こしてしまう事になり兼ねないのです。幼いうちから、無理矢理に知識を詰め込んだ学習指導を行うよりは、遊びを通じて様々なことに興味を持ったり、興味の前提となる経験を増やしていくことの方がずっと大切なことなんですよね。とはいえ、親の「しっかりと勉強をしてほしい」という気持ちも判らなくもありません。教育プランナーは、両親の希望などを踏まえた上で、子供にとって必要なものだけを取捨選択する手助けを行ってくれるのです。もちろん、中学受験・高校受験・大学受験・・・と、受験直前期の子供のメンタル面でのサポートや管理などについても、教育プランナーは行い、合格までを一貫してサポートしてくれます。子供の志望校合格までの過程はもちろんのこと、合格後にも続いていく将来まで見据え、子供・家庭の両方と関わりながら、情報や知識を基にして様々な提案を行ってくれるのです。また、学習に関することだけでなく、親子関係の悩みや、思春期の子供への接し方、子供自身の学校の悩み・・・なども、教育プランナーに相談することができます。

子供にしても親にしても、教育に関する情報が氾濫していて、混乱したりわけが判らなくなってしまっている方は多いかと思います。加えて、勉強のことだけを考えていれば良い…というわけでもなく、それ以外でも子供の親同士の関係、もちろん子供同士の関係の様々な揉め事やトラブル、ストレスなどもプラスされてきますから、精神的にかなり追い詰められてしまう親子というのも決して少なくありません。そんな時に、適切なアドバイスをしてくれたり、正しい方向へ導いてくれる教育プランナーがいるということは非常に心強いことだと思うのですが、それだけでなくて、家族や友達・知り合いなどにも言えないようなことを話し、そしてそれを聞いてくれる存在がいるという事実も、とても安心できる要素だと思うんですよね。人間関係でいえば、生徒と家庭教師、親と家庭教師もそれに該当します。直接、家庭教師には言いづらい不満や心配事なども、教育プランナーに相談することができ、正に家庭と家庭教師の間に入って、大きなトラブルが起こるのを未然に防いでくれたり、改善の糸口を見出してくれたりもするのです。

家庭教師のトライの学習システム:ダイアログ学習法

家庭教師のトライでは、過去90万人を学習指導してきた経験から培った様々なノウハウを基として体系を立てた学習メソッドが存在します。メソッドというのは、方法・手法という意味ですね。

その1つにダイアログ学習法が存在します。このダイアログ学習法というのは、家庭教師から生徒へ、いわゆる一方通行で学習指導を行うのではなく、家庭教師が説明した問題等を、生徒に説明してもらうことで、「判ったつもり」「理解したつもり」という曖昧さを防ぐ指導法です。定期テストや毎日の学校での授業、そして受験に対し、それぞれ生徒に指導しなければならない大切なことは多くあります。しかしだからといって、家庭教師が意図した通りに、指導したことを生徒が理解しているとは限りませんよね。もちろん、全く判らなければ、それは家庭教師にも伝わることと思います。危険なのは、「なんとなく判ったつもりでいる」「教えてもらいながらでも問題を解くことができたのだから、きっと理解しているだろう」という、非常に曖昧な理解のズレです。

これは、家庭教師が生徒に「判った?理解できた?」と確認したとしても、生徒は自分自身は「きっと理解しているだろう」という気でいますから「判った」と答えることが多いんですよね。そして家庭教師側も、生徒は「判った」と言うし、確かに指導をしていて、全く理解していないというわけではないし、生徒の言う通り「大丈夫だろう」と思ってしまうのです。しかし実際には、しっかりと確実に生徒が理解しているとは限らず、ただ単に判っているつもりでいるだけで、実は理解しきれていなかった…ということも充分に有り得るのです。

このダイアログ学習法というのは、家庭教師が教えた内容を、生徒が教師に教え返す…という学習方法です。人に教える、説明する…というのは、100%自分自身が理解していなければできないことです。以前テレビで、ある名門国立大学を卒業した方の勉強方法の1つとして、自分が覚えた部分を、自分が先生になったつもりで教える、いわゆる「ごっこ遊び」をするということを挙げていました。それを聞いて、なるほどなぁ…と思ったものですが、確かに理に適っているというか、これほど、自分が理解しているかどうかを客観的に知る方法ってないと思うんですよね。

ダイアログ学習法では、一度指導された部分を、生徒が家庭教師に教え返すことで、生徒がどこまで理解しているかをチェックすることが可能です。うまく説明することができなかったりすれば、そこはまだ理解していないということになりますし、説明が詰まるようであれば、まだ完璧には理解していないということになります。逆に、スラスラと説明することができれば、その部分の理解は充分であると言えます。

トライ教育情報センター

トライ教育情報センターは、全国の教育プランナーや家庭教師と密接に連携している場所であり、47都道府県各地域に密着した教育を実現しています。お馴染みのトライ式学習法も、この教育情報センターにて開発されているんですね。

このトライ教育情報センターでは、合格ラインや予想倍率はもちろんのこと、各入試の最新情報を集めていますので、受験情報の提供や傾向と対策の分析などを素早く行い、家庭教師と連携して、学習指導や学習プラン作りに使用しています。そして、各都道府県、または各地域の教育事情に精通しているため、独自の統一模試対策や進学塾のクラス分けテストに対する対策なども万全にサポートすることが可能となっています。更に、中間一貫校の、通常とは異なる特殊なカリキュラムやテキストであっても、的確なフォロー指導を行うことができますよ。

家庭教師のトライの、脳科学や教育心理学を応用した教育メソッドの研究や開発も、このトライ教育情報センターで行われています。そして研究結果は、家庭教師にフィードバックされ、それによって家庭教師が生徒に質の高い学習指導を行うことが可能となるんですね。勉強以外でも、生徒の学力を高めるために必要な生活習慣や学習環境に関する情報なども、このトライ教育情報センターならば最新の情報を提供することが可能です。

また、全国展開している大手学習塾ならば、その学習塾独自の試験などが定期的に実施されても特に不思議でもなんでもありませんが、家庭教師に学習指導してもらっている場合は、そういった試験とは縁がないように思いますよね。しかし家庭教師のトライでは、トライ模試という試験が存在しています。全国14万人ほどがそのトライ模試を受験し、そのなかで生徒の学力がどの程度なのか、的確な実力を測定することが可能となっています。トライ模試の結果が例え望んだ結果ではなかったとしても、その結果を基にして、学習プランを修正することができますから、決して無駄ではありません。そしてトライ模試の結果が良ければ、それは生徒の自信に繋がり、更なるヤル気を引き出す材料となりますよね。

コメントを残す