グリーンスムージーと酵素ダイエットを比較

今、流行りの健康法・美容法・ダイエット法といえば「グリーンスムージー」と「酵素ダイエット」が挙げられるでしょう。

どちらも酵素を摂取する事によって代謝アップや消化のサポート、腸内環境を整えるなどの作用があるために、便秘解消などの健康効果やダイエット効果・美容効果が期待できる健康法ですが、「二つの健康法の違いがよく分からない」という方も多いかもしれません。

二つの健康法の違いは製造工程において「微生物の働きによって発酵・熟成を行っている」という点になります。

グリーンスムージーは生の果物や緑の葉野菜に水を加えて、ミキサー・ジューサーなどで混ぜ合わせたドリンクとなりますが、酵素ダイエットに使うドリンクは原料となっている果物・野菜・野草・海藻などの植物から抽出したエキスを発酵・熟成させて作られている発酵食品のドリンクなので、二つの健康法にはこの点が違います。

コンブチャクレンズはどうして痩せるの?

コンブチャとは、昆布茶ではなくモンゴル原産の発酵茶で、紅茶キノコと呼ばれるキノコを発酵させて作る美容健康ドリンクです。

豊富な栄養が含まれているのが特徴の飲み物で、酵素やアミノ酸、抗酸化物質を多く含んでいます。

これらの成分からデトックス効果や強肝作用があり、がん予防や新陳代謝の向上による肌荒れを改善したり、食欲をコントロールする、アルカリ体質を改善することにも効果的だとされています。他にも、むくみや便秘の解消や冷え性の改善などの効果を得ることができます。

コンブチャクレンズとは、このような効果を得ることによって体をデトックスしてダイエットする方法です。

酵素ドリンクの効果

酵素ドリンクを摂取することで、様々な効果を得ることができ、便秘解消や、ダイエット効果・アトピーの症状の軽減・美肌効果などが挙げられます。

便秘解消というのは、先ほど酵素が不足することで起こる宿便が腸内に溜まることや、口臭・体臭、血液がドロドロになってしまう…の解消へと繋がります。酵素を補うことにより、食物の体内への吸収・消化・代謝が促されますから、腸内の働きも活発となり、結果的に老廃物が腸内に溜まったり、宿便が腸内に留まっていたりすることがなくなります。口臭・体臭の解決だけでなく、冷え性の改善や、肌荒れ、イライラ感もなくすことが可能となりますよ。

グリーンスムージーと酵素ドリンクの違い

グリーンスムージーも酵素ドリンクも野菜や果物を利用しているという点で共通しており、しかもどちらもダイエットの目的にも用いられているという点でも共通しています。

そのためにこれら二つの違いが分からないという意見もありますが、この二つは全く同じという訳では無いです。

それではどのような違いがあるのかというと、簡単な見分け方としては発酵させるかさせないかの違いがあります。

グリーンスムージーというのは緑の葉野菜、それに果物と水をミキサーで混ぜ合わせる事によって作る事が出来ます。